宴会芸で飲み会を盛り上げる

宴会芸で飲み会を盛り上げる

飲み会といえばお酒が入るのは当然ですが、さらには宴会芸を披露するという場面にも良く遭遇します。
幹事となった皆さんにとって、この宴会芸というのが案外曲者なのです。
宴会芸は場を盛り上げることにも一役買いますが、場を白けさせ、不況を飼ってしまう恐れもあります。

 

幹事の役割は飲み会を盛り上げつつ円滑に進行することですから、
もし宴会芸に悩んでいる参加者がいる場合にはアドバイスを送ってあげることもまた仕事の内なのです。
そこで今回は、宴会芸が苦手な方の助け舟として使える、簡単に場を盛り上げられる芸についてご紹介していきます。

 

宴会芸の定番といえば物まねです。
物まねの良い点は多くの人の共感を餌に場を盛り上げられるという点です。
似ているならば感心の眼差し、そうでないときはツッコミの対象として宴会の雰囲気を盛り上げてくれるのです。
物まねの対象として使いやすいのがそのときに流行っているお笑い芸人です。

 

ただし注意していただきたいのは、他人をけなすような形で笑いを取っているタイプの芸人には不快感を抱く人もいるということです。
こういった人たちの不況を買わないためにも、他人をけなすのではなくネタとして面白い芸人や、
自虐ネタなどで笑わせる芸人のネタをインプットしておくと良いでしょう。
また会社をはじめとしたコミュニティにおける宴会であれば、全員が知っている人の物まねをするのも一つの手段です。

 

ただし、物まねのネタにされても怒らないような温和な人や、
冗談をきちんと冗談として受け入れてくれる人を物まねの対象にしないと、禍根を残すことにもなりかねないのでご注意ください。
続いてご紹介したいのは、出来たらすごいねと言われるようなスキルを要する芸です。
けん玉やテーブルマジックなどは、最小限の道具で人々の関心を集めることが出来ます。

 

 

 

しかしこういった芸は多少の練習が必要になるので、飲み会の前にトレーニングを積んでおく必要があります。
とはいえ、最近では非常に簡単なタネで出来るマジックグッズなども売られていますので、
そちらを活用していただくとさほど練習に時間をかけずに宴会芸を披露することが出来るでしょう。
あらかじめ宴会芸を披露することが決まっているタイプの飲み会では、
幹事の側が参加者のネタについて把握しておいた方が会を進行させるうえでアクシデントを防ぐことにも繋がります。
全員のネタを確かめながら、ときには宴会芸についてアドバイスをしてあげられるようになると、皆さんの幹事としての働きぶりも評価されることでしょう。

宴会芸で飲み会を盛り上げる関連ページ

幹事を引き受ける覚悟と心構え
幹事を引き受ける覚悟と心構え
「ゆとり」がメリットを生む!
「ゆとり」がメリットを生む!
混乱を防ぐためのフローを作成する
混乱を防ぐためのフローを作成する
進行役は「2人」で
進行役は「2人」で
進行役の最重要チェック事項
進行役の最重要チェック事項
頑張れ!幹事さん!
頑張れ!幹事さん!
幹事が選ぶ居酒屋
幹事が選ぶ居酒屋
当日幹事が気にかけてあげる事
当日幹事が気にかけてあげる事
幹事がしてあげる親切項目
幹事がしてあげる親切項目
幹事をするときの格好
幹事をするときの格好
緊張しない方法
緊張しない方法
実際にどうやって話したらいいのか
実際にどうやって話したらいいのか
新人に教えておきたいマナー
新人に教えておきたいマナー
コースメニューでお得に飲み会
コースメニューでお得に飲み会