新人に教えておきたいマナー

新人に教えておきたいマナー

幹事という仕事は飲み会が盛り上がり、全員が楽しく過ごせたときになって初めて評価されます。
反対にいえば、少しでも飲み会に対する不満要素があると、
幹事のせいだと責任を押し付けられる可能性も秘めているのです。

 

そんな難儀な仕事ではありますが、飲み会などのイベントの企画や進行に関するスキルは持っておいて損はありません。
その技術を学ぶ場として幹事の仕事を務めるうえで、新入社員やサークルの新人を教育する必要も出てくるのです。
新人が飲み会のマナーについて知らない、お酌もろくに出来ないといった問題のせいで、
飲み会そのものをつまらなくしてしまうのは非常に勿体ないことです。
そこで今回は幹事から新人に対して教えておきたい飲み会のマナーを詳しく解説します。

 

マナーの第一歩は気配りです。
先輩や上司の取り分け皿やグラスを見て空いているようだったら、
「お取りしましょうか?」「何をお注ぎしますか?」といった形で気を利かせることが社会人の飲み会マナーです。
新人がこういった気配りをしていと、上司や先輩も悪い気分ではなくなりますし、もしかしたら飲み会の代金を奢ってくれるかもしれません。
こういった打算を抱くのはあまり良いことではありませんが、
気配りが出来るというのは評価のポイントにもなりますから、新人にもしっかりと教育しておきましょう。

 

飲み会におけるマナーとして必ず知っておきたいのがお酌です。
お酌とは簡単にいうとビールなどのお酒をグラスや徳利に注ぐことです。
ここには細かいマナーがあり、知っているかどうかで常識の有無を判断される恐れもあります。
瓶ビールを注ぐ際には、必ずラベルを天井に向けて、両手で瓶を持ちます。

 

注ぎ始めは高い位置から、そして段々と瓶の傾きを緩くしていくと、
黄金の液体部分と泡が丁度良いバランスでグラスを満たしてくれるのです。
こちらが注いでもらう際には必ずグラスを空っぽにするように心がけましょう。
グラスは両手で支えて、注いでもらった後は上司や先輩とグラスを合わせてから口を付けます。

 

ビールは飲み会定番のお酒ですから、これを知らずに飲み会に参加するのは
常識知らずを喧伝するようなものとなってしまうのでご注意ください。
日本酒を注ぐ場合も基本は同じです。
徳利を両手でもってからお猪口にゆっくりと注いでいきます。
ただしお猪口全体の8割程度の量で注ぐのを留めるのがマナーとなっているので覚えておいてください。
新人を教育するという格式張った形で教えるよりも、「飲み会のリハーサルをしよう」と
居酒屋などに誘ってあげた方が、新人の方々も肩肘張らずにマナーを学習出来ることでしょう。

 

 

 

新人に教えておきたいマナー関連ページ

幹事を引き受ける覚悟と心構え
幹事を引き受ける覚悟と心構え
「ゆとり」がメリットを生む!
「ゆとり」がメリットを生む!
混乱を防ぐためのフローを作成する
混乱を防ぐためのフローを作成する
進行役は「2人」で
進行役は「2人」で
進行役の最重要チェック事項
進行役の最重要チェック事項
頑張れ!幹事さん!
頑張れ!幹事さん!
幹事が選ぶ居酒屋
幹事が選ぶ居酒屋
当日幹事が気にかけてあげる事
当日幹事が気にかけてあげる事
幹事がしてあげる親切項目
幹事がしてあげる親切項目
幹事をするときの格好
幹事をするときの格好
緊張しない方法
緊張しない方法
実際にどうやって話したらいいのか
実際にどうやって話したらいいのか
宴会芸で飲み会を盛り上げる
宴会芸で飲み会を盛り上げる
コースメニューでお得に飲み会
コースメニューでお得に飲み会