居酒屋は公共の場です

居酒屋は公共の場です

従来の個人経営の居酒屋だけではなく、チェーン店展開をしている居酒屋の進出、そして熾烈な価格競争やサービスの徹底、ドリンクメニューやフードメニューの充実化、営業時間帯の拡大等により、最早居酒屋は通勤帰りのお父さんの立ち寄り先だけではなくなり、様々なグループが利用可能となって参りました。

 

https://tabelog.com/tokyo/A1329/A132901/13141100/

 

サラリーマンのグループはもとより、近年より女子会や学生の合コン、各SNSのサークルのオフ会等利用客のグループも多種多様となっています。その他にはお子様を伴ってのお母さん同士の利用や、親子連れの団体客も居ます。
これは居酒屋だけに限定して言えないのですが、個人経営のお店でもチェーン店であっても、常にお客様第一主義で営業しています。
店内にはお仕事帰りで疲れを癒す為に立ち寄る客も居れば、軽い打ち合わせで利用している客も居ます。

 

 

 

自分達が楽しければ良いと言う楽しみ方は好ましくありません。店内が広かろうと広くなかろうと、お店はある特定の客のために営業している訳ではなく、お客様一人ひとりを大切に対応していますので、悪酔いし過ぎてお手洗いを長時間占拠してしまったり、はしゃぎすぎて隣のテーブルの無関係な他の利用客の所までなだれ込んでしまったり、自宅でいつもそうだからと言って、お子様が退屈してぐずったり、店内をウロウロと駆け回ったりしているのを放置していたりされるお客様の姿を何度か見かけます。

 

 

 

居酒屋の店内で自分達がいくらくつろげても自宅ではなく公共の場所なのですから、ある一定のマナーを守って楽しく利用出来たら良いかと思われます。