幹事をするときの格好

幹事をするときの格好

これまでに忘年会などの幹事をやったことが無いと言う人は、まず、どういう格好をすればいいのかさえよく分からないでしょう。
また実際に幹事を引き受けて、上がらずに進行できるのか不安になる人も多いのではと思います。

 

もしかしたら何度かやっていても、これまでの自分の格好が本当に適切なものだったのか不安になる人もいるでしょう。
幹事のやった時の事を思い出して、あのやり方で本当によかったのかと思う人もいるかもしれません。

 

今回は次に幹事を引き受けたときのために、どういう格好をしたらいいか、どういう心構えなら問題ないかを考えて見ましょう。

 

まず服装ですが一番いいのはやはりフォーマルなものでしょう。奇をてらった服装ですと不快感を覚える人もいるでしょうし、だからといってカジュアルなものでも浮いてしまいます。

 

しかしフォーマルな服装と言っても気を付けなければいけないのが、あまり人目を引くようなものを選ばないという事です。
進行役が目立ちすぎると他の人が何かやっても、そちらに注意が向かないと言うことになります。しかし地味すぎると言うのもいけません。

 

悪目立ちしない、地味すぎない服装を目指しましょう。服装である程度人の気持ちと言うのは違います。
この格好でいいのかなと気になっている人と、自分の服装に自信を持っている人ではその人が出す雰囲気も違ってくるでしょう。

 

幹事といってもいろいろな集まりがありますから、上記のことが当てはまらない場合もあるでしょうが大体はこのとおりだと思います。

 

司会進行に限らずですが、勢いで何かをしようと思うのではなく、ある程度計画を立てていけば簡単には失敗しないでしょう。