女性の視点で

女性の視点で

新年会、忘年会など会社のよく知っている人間しかいないと言っても、幹事をするにあたってプレッシャーがあります。
というかよく知っているからこそ変な緊張をする事があるでしょう。しかし、そういったプレッシャーを少し軽減する方法があります。

 

男性や女性一人ですと司会は不安ですが、男女一組ですとある程度安心して司会進行が出来ます。
やはり女性には批判しにくいですから、男性のほうも安心です。また、男性一人ですとどうしてもこれまでの忘年会と似たような進行となりマンネリ気味です。

 

しかし女性が入ると華やかですし、また女性の視点の忘年会の見直しが出来ます。他の女性社員も喜ぶことでしょう。
当然、一人で出来ないようでしたら他の人間にも手伝ってもらいましょう。

 

しかし、会社によっては男性のほうが圧倒的に多いとか、ほぼ女性社員とかそういった違いがあります。とりあえずはアンケートなりを匿名でとってみましょう。
どういった忘年会が望まれているかわかるでしょう。

 

また、飲酒運転などを防止するという安全面というか、面倒事を起こさせない努力も必要です。
その面倒ごとの種類によっては自分の責任となりますし、気をつけたほうがいいでしょう。

 

女性に手伝ってもらいたいことと言えば、会場をどこにするのかということです。
男性だけの忘年会や、男性主導の忘年会になれきっていると、こういう時女性がどうすれば喜ぶのか全く分かりませんね。

 

そういう場合、男性だけで頭をつき合わせていても、何も解決しないでしょう。まず幹事をサポートする人選から始めたほうがいいのかもしれません。
蒲田でバーを貸切にするならこちらのスポーツバーがおすすめ!