進行役の最重要チェック事項

進行役の最重要チェック事項

「裏方」を取り仕切る幹事さんの重要性というのは、忘年会や新年会の事前、事後に意味を持ちます。
これに対し、「表方」の幹事さん、つまり、「司会進行」の役割の重要性というのは、忘年会や新年会の中で意味をもちます。
言いかえれば、司会進行役というのは、忘年会や新年会のカラーを決定づける意味合いを持っていると考えられるわけです。

 

 

 

ですから、進行役の人は、あまり緊張を表に出すというわけにもいきませんし、あからさまな失敗だけはその場を凍りつかせてしまうことにもなりかねないというプレッシャーと戦わなければならないわけです。

 

 

 

その意味では、進行役にとっての失敗の中でも、「その失敗だけはしてくれるな・・・」という、いわば「ご法度」の失敗もあります。
それについてお話しますが、まあこれに関してはある程度想像がつくと思うので、ダイレクトに言ってしまうと、「オエラ方を紹介する際、その役職名、肩書きだけは絶対に間違えてはいけない」ということになります。

 

https://r.gnavi.co.jp/a058430/

 

会社における役職や肩書というのは、会社の中ではその人の「名前」であり「顔」でもあるわけですから、そうした役職や肩書を間違えてしまうということは、それすなわち、まさにその人の顔に泥を塗るようなものなのです。

 

 

 

ですから、そうした間違いだけは絶対に避けなければならないと言えるでしょう。
もちろんこれは進行役自身の保身という意味でも非常に重要になります。
万一間違えて紹介してしまったというシーンをイメージしてみなさい。
おそらく楽しいはずの忘年会や新年会の場が瞬く間に凍りついてしまうはずですから・・・

 

本陣はhttp://www.honjin06.com/コチラです