幹事攻略その2〜心をこめて務める

幹事攻略その2〜心をこめて務める

幹事というのは、自分の好むと好まざるとにかかわらず、どうしても避けられない部分もあります。
会社の忘年会や新年会などでは、持ち回りで幹事を担当するという会社も少なくないようですから、これはさすがに「ニガテだから・・・」といって断るわけにもいきません。

 

 

 

ですから、その人がどんなキャラクターであろうと、幹事をこなさなければならないというケースは意外と多いものなのです。
もちろん、そういう場を取り仕切るようなことが得意な人であれば問題ありませんが、そうでない人が幹事を任されるとなると、おそらく相当のストレスになることでしょう。

 

 

 

それに、当日は相当の緊張感にさいなまれることになるはずです。
しかし、緊張してもよいのです。
幹事なんて、相当に慣れている人にとっても、必ず初めは緊張するものなのです。
ですから、緊張して当たり前。
まずはこのことをしっかり理解してください。

 

 

 

人間と言うのは、緊張することでどうしても失敗が多くなります。
おそらく幹事という役目においてもそれは変わらないでしょう。
だから、幹事として何らかの失敗があるかもしれません。
しかし、それだって仕方がないことなのです。

 

ここの新宿 居酒屋はスタッフの雰囲気が良いので落ち着きます。

 

何しろ、いくら会社の忘年会や新年会だからといって、幹事のプロではないのですから。
しかし、失敗しても、心をこめて、一生懸命幹事の役目をまっとうしてください。
絶対に投げ出さないこと、これが何より重要です。

 

北新地 バー

 

幹事さんが投げやりな態度になってしまうと、その場はシラけます。
たとえ失敗しても、一生懸命幹事を遂行することで、参加者はたとえ失敗があったとしても、絶対に満足してくれます。
そして、その「満足」こそ、幹事にとって最大の「成功」なのです。