居酒屋の定義

居酒屋の定義

おそらく、多くの人にとって「居酒屋とは何か」というのはそれほど重要なテーマではないと言えるでしょう。では、「居酒屋とはなんですか?」と質問したとすると果たしてどう言った答えになるでしょうか?
 きっと、「そんなの簡単だよ!」と答える人は多いと思いますが、しかし実際に答えようとすると、「・・・」と答えに詰まってしまうという人もきっといるのではないかという気がします。

 

 

 

 では、なぜ「簡単なこと」なのに答えに窮してしまうのかと言うと、居酒屋というのは、人それぞれいろいろな目的があるからではないでしょうか。ある人は「おいしいお酒が飲みたい」と思うでしょうし、またある人は「おいしい料理が食べたい」と考えるでしょう。もちろんお酒も料理もどちらも楽しみたいという人は多いはずですし、居酒屋特有の「お得感」に魅力を感じている人もいる、あるいはもっとダイレクトに「安く食べられる」という人もいるはずです。そしてもちろん、居酒屋の存在意義とも言える「みんなでワイワイ楽しめる場所」というファクターも見逃すことはできません。

 

岐阜でおすすめな個室居酒屋

 

 とう具合に、とにかくいろいろな「価値」が、この居酒屋には見出すことができるわけです。ですから、「居酒屋」を定義づけることで、ある特定の価値感を私たちに植え付けること自体が大きな間違いなのではないかという気がします。

 

 

 

 もちろん、居酒屋を運営するに当たって、法的な届け出について居酒屋の定義を無視することはできませんが、私たち居酒屋のユーザーはそれぞれ居酒屋を定義すればよいのです。