はしご酒

はしご酒

はしご酒という言葉を聞いたことは無いでしょうか。一つのお店で長時間居座ってお酒を飲む人も沢山居ると思いますが、そういう人を臼と呼びます。それは根が生えたような状態になって飲むために臼と呼ぶそうですが、その反対がはしご酒です。

 

 

 

一つのお店に腰を落ち着けないで場所を変えて飲むことをはしご酒と呼ぶのです。もともとは、おなじみの居酒屋さんを一軒ずつ飲み歩くことできちんとこの居酒屋さんで飲もうという意味合いがあったのですが、今では気の向くまま行き当たりばったりで入ったことのない居酒屋さんに入り、また次に行き当たりばったりで見知らぬ居酒屋に入ることをはしご酒と呼んでいます。本来は計画的に飲むことを指していたのですが、時代とともに無計画に飲み続けるという意味に変化していきました。

 

 

 

会社や学校での飲み会などでは一次会として居酒屋さんを予約しておき、二次会に参加する人を予め出欠を取って二次会の居酒屋さんを予約しておく場合もあります。これもはしご酒の一種かもしれません。そしてこれこそが、飲みに行く居酒屋さんの順番を決めて、その通りに回るというはしご酒の本来の意味なのかもしれませんね。

 

おすすめの居酒屋!名駅で人気の小料理バル ドメ

 

今では居酒屋さんのはしご酒だけでなく、一軒目二軒目に居酒屋さんを利用し、その後にカラオケに行ったりラーメン屋さんに行ったりという居酒屋さん以外にもはしご酒をする場所が徐々に増えてきました。しかし、居酒屋さんに始まって、居酒屋さんに終るという言葉があるように、カラオケなどを挟んでまた最後に居酒屋さんに行くという人はまだまだ沢山多いようです。